Home   |   Contact
WWSMC WWSMC WWSMC Call for Papers Venue

 Agenda
September 28, 2012
Session ID
Time
Title Speaker
  10:00 開会挨拶 Prof. Ramjee Prasad
CTIF所長, デンマーク国立Aaloborg大学教授
  10:05 オープニング講演
「サイバーセキュリティにおける防御:課題と最新の状況」

講演要旨:
マルウェアとは、「コンピュータの操作の妨害や機密情報の収集、コンピュータシステムへの不正侵入を目的として作られたソフトウェア」である。マルウェアの増加率は急激で、新たな脆弱性が日々悪用されている。モバイル機器やクラウド・コンピューティングのような、新しいコンピューティングによって、新たな攻撃の機会が生じている。攻撃者は経済的搾取を動機とすることが多いが、サイバーテロやスパイ行為を意図していることもある。これらの新たな攻撃に対処するには、調査や検知、防御の方法を改良することが必要となる。Dr. Pruthiによるオープニング講演には、脅威の展望と、それにより引き起こされる社会的影響の概観も含まれる。絶えざる攻撃者に対処するための、最新かつ高度な防御方法について述べる。

パラグ・プルーティ
NIKSUN創設者、会長兼CEO
 
10:40

「情報セキュリティの最近の動向 ―デジタル・フォレンジックを中心にしてー」
講演要旨:
情報セキュリティにおいて重要性を増してきているデジタル・フォレンジックに関連し、標的型攻撃に対応したネットワークフォレンジック対策の動向、e-Discoveryにおける予測コーディングの導入、スマートフォンのためのデジタルフォレンジック技術など最近の動向を紹介する

佐々木 良一
東京電機大学未来科学部情報メディア学科教授
国立情報学研究所客員教授
内閣官房情報セキュリティセンター情報セキュリティ補佐官

 
11:20

「今後のサイバー脅威シナリオと考えれる防御策」
講演要旨:
有効な防衛策を立案するには、発生事実を直視する必要があります。しかし、 最近のサイバー脅威の個別事例を仔細に把握することは難しいというジレンマ があります。そこで、本講演では、ここ数年、私のチーム(CDI-CIRT)で経験 した緊急対処支援の経験で得られた、それぞれのサイバー攻撃の重要部分を繋 ぎあわせた脅威シナリオを説明させていただき、今後の採るべき防御策を考え ていきたいと思います。

名和 利男
株式会社 サイバーディフェンス研究所 上級分析官

 
12:00
            昼食(会場にて・参加登録者は無料)
 
13:00

「複雑化するサイバー攻撃の現状とその対策」
講演要旨:
標的型攻撃など様々なサイバー攻撃対策が叫ばれているが、これらの攻撃を検知・ 阻止するソリューションはまだ登場していない。一方、スマートフォンやIPv6な
どの登場により、我々の情報システムの環境は大きく変化している。今後、これら
の新たな技術を狙ったサイバー攻撃の発生が懸念される。本講演では、その対策の 基盤となるネットワーク監視手法について述べる。

高倉 弘喜
名古屋大学 情報基盤センター
情報基盤ネットワーク研究部門 教授

 
13:40

「パケット分析により実現するネットワーク安定化とフォレンジック
~日本国内における先進導入事例より~」

講演要旨: SCSKでは、1990年代後半よりパケットキャプチャ技術を中心としたネットワーク安定化、セキュリティ向上のソリューションを数多くのユーザーに提案、導入してきました。最近では、APTに代表されるように攻撃の多様化、巧妙化、また被害の甚大化に伴い、実通信を分析することによる通信の可視化、ネットワークフォレンジックの重要性がますます認識されるようになっています。本講演では、これまでSCSKが手掛けてきた事例から、国内における様々な取り組みをご紹介します。

古岡 宏理
SCSK株式会社
ITエンジニアリング事業本部
ITエンジニアリングソリューション第1部
シニアエンジニア

 
14:20
ブレイク
 
14:40
「モバイル・インフラの保護」
講演要旨: このプレゼンテーションの目的は、モバイル通信の製品およびネットワークにおける試験と認定である。インド・グローバルICT標準化フォーラムの、セキュリティとプライバシーに関するワーキンググループが行う活動に焦点を置く。なお、同フォーラムではDr. Anand R. Prasadが議長を務めている。 本講演では、まずモバイル通信インフラについて概観し、続いて今日の標準的なセキュリティについて、市場の状況とともに述べる。次に、今日のモバイル通信ネットワークに潜在する論点に目を向け、最後に試験と認定、観察について述べる。

アナンド・R・プラサンド  
日本電気株式会社 シニアエキスパート

 
15:10

「重層的通信ネットワーク -災害に強い通信-
平成23年3月11日の東日本大震災においては、情報通信についても大きな問題と課題が明らかになった。総務省では、これらの課題を解決すべく多額の研究開発予算を計上し多くの課題を施策として推進している。YRPでは、「重層的通信ネットワーク」の基本概念をまとめ、東北大学、KDDI、KDDI研究所および沖電気工業4者が総務省の研究開発予算により災害に強い通信システム構築へむけ研究開発に取組んでいる。本研究課題では、多くの要素技術がおるが、通信のセキュリティは災害緊急時においても極めて重要な要素である。本講演では、研究開発プロジェクトの概要を説明するとともに、災害情報サービスとしてのセキュアな通信についても説明する。

大森 慎吾
一般社団法人YRP国際連携研究所 代表理事・所長


 
15:40

IEEE 802.21d M2Mグループ通信の効率化を目指して」 講演要旨: 近年、M2M(machine-to-machine)通信の需要が急速に増しており、ECHONETコンソーシアム、IEEE 802.15.4、ZigBee Alliance、ETSI TC M2M、oneM2M、などで通信仕様の策定が活発に行われている。この流れを受け、効率的なM2Mグループ通信を実現する規格として、IEEE 802標準化委員会は802.21d標準化タスクグループを新設した。本公演ではIEEE 802.21dのユースケース、要件、標準化ステータスについて述べる。

大場 義洋
株式会社 東芝
研究開発センター ネットワークシステムラボラトリー
   研究主幹
IEEE802.21dタスクグループ議長

                                                                       
 
16:10

LTEネットワークのパフォーマンスとセキュリティ
講演要旨: ワイヤレスサービスのプロバイダは、スペクトル使用やネットワークおよびサービスのリソースの最適化を可能にし、エンドユーザに対して適正なサービスのクオリティを保証するため、大きな課題に面している。しかしながら、リアルタイムなネットワーク統計を得て、ネットワークの異なるパートに対して動的な制御を行い、望ましいQoSを維持できることは大変重要である。本講演では、LTE(ロング・ターム・エボリューション)ネットワークにおけるパフォーマンスとセキュリティに関するいくつかの論点をハイライトし、VoLTE(Voice-over-LTE)ネットワークで観察される必要があるネットワークレイヤやサービスレイヤのKPI(主要評価指標)についても述べる。

Dr. Ashutosh Dutta, CTO Wireless Solutions, NIKSUN Inc.

 
16:50

閉会挨拶

伊藤一彦、NIKSUN日本カントリーマネージャー
© Copyright 2012 NIKSUN Incorporated. All rights reserved.